トップ‎ > ‎CL125‎ > ‎

CL125 その41 燃料コック

タンクの錆取り、コーティングを行っていますが、
燃料コックも整備します。

洗浄。
錆やゴミが詰っていたので流路の確認も兼ねて洗浄しておきます。
ワコーズのエンジンコンディショナーを使用。
流路は乾燥後にライトで照らして点検します。

用意したパッキン類などの新品部品。
幸い整備に必要な部品は全て新品が購入できました。

ストレーナーのフィルター組込み。
タンクへ取付ける時の取付けネジはこの中にあるので仮組みです。

切り換えコック部の組立て。
一応摺動部なので潤滑しておきます(しなくても問題ないかもしれませんが)。
FCRキャブのメンテナンスに使われるガソリンに溶けないグリス「バリエルタ」を使用。
非常に高価なグリスでチューブ1本で1万円とかしますが、
そんなに使う物ではないのでヤフオク!で小分けされた物を購入しています。

<追記修正>
「バリエルタ」で潤滑はしてはいけません。
かたまりがキャブへ流れていった場合、フロートバルブ部に引っ掛かり、
オーバーフローの原因になることがあるようです。
無潤滑で問題ありません。

ニップル部の縦傷。
ガソリンホース接続のニップル部に深い傷がありました。
過去の分解時になかなかホースが外れないので、ホースをカッターナイフで切り開いたようです。
その時にニップルまで傷付けてしまったようです。
・・・ったく、何をしているのやら。ガソリンがにじんでしまうかもしれません。

ホースを外しにくい場合は、ニッパーなどで慎重に少しずつ切るなどして
ニップルに傷を付けないようにしないといけません。

修正。
ヤスリでならしておきます。
特に直径の太い、抜け止めのカエシの部分の段差を消しておきます。

キャップのパッキン交換。
走行中にガソリンが漏れてくる、とオーナーから言われていましたが、
パッキンはヒビ割れでご覧の有様でした。
新品に交換。

整備完了。
コックの切り替えバルブのプレートを押さえるビスは錆がひどいので、
後で交換することにします。


Comments