トップ‎ > ‎CL125‎ > ‎

CL125 その60 エキパイ破損状態確認

フランジ部が破損しているエキパイを修理しなければなりません。

エキパイフランジ部のお掃除。
まずは排気漏れで付着したカーボン、錆を落とします。

破損の状態。
元は、旋盤で挽いて作ったと思われるフランジ(右側)が溶接してありました。
しっかり溶接してあれば良かったのでしょうが、酷い溶接で十分な強度がなく
割れてしまっています。

無事なもう片方との比較。
もう片方は無傷です(と思っていましたが・・・)。

拡大。
いさぎよくある程度短く切ってしまって、
新たなフランジをしっかり溶接できれば良いかな?

破損していないもう片方のエキパイのフランジ部。
破損していない、と思っていたら違いました。
過去の修理歴はないようですが、フランジ部に亀裂が出来ていました。
元々の作りが薄すぎるようです。

結局のところ、両側とも修理が必要です。
修理を引き受けてくれるショップを探します。

程度の良い中古が入手出来れば良いのですが、
腐食されやすい部品なので、程度の良い物はほとんど見つかりません。

Comments