トップ‎ > ‎CL125‎ > ‎

CL125 その79 部品到着

修理中のCL125は、1969年か1970年に生産されたようです。
ブレーキシューには昭和44年(1969年)7月のスタンプがありました。
今は2016年なので、生産から50年近くが経過しています。

摩耗したり劣化してしまった部品は交換するよりないのですが、
簡単に新品部品が手に入るはずがありません。
国内で普通に注文してもほとんど入手できませんでした。
そこで海外から取り寄せることにしました。

部品到着。
旧車の部品を大量に在庫している、ヨーロッパの部品販売会社から購入しました。
ドイツ、中国を経由して航空便で届きました。

オーバーサイズピストンとピストンリング。
ホンダ純正の0.5mmオーバーサイズピストンが入手できました。
ノーマルボアは44mmなのでボア44.5mmです。
0.25mmオーバーサイズのピストン、リングも入手可能だったのですが、
0.5mmオーバーサイズを選択しました。

仮に0.25mmオーバーサイズのピストンを組込むためには、
シリンダーの削り代は0.1mm程度になります。
削り代が0.1mmしかないと、摩耗や歪みの影響でボーリングしきれない恐れがあるので、
0.5mmオーバーサイズを選択しました。

ボルト類。
リプロパーツ?っぽい物も混じっていました。

ガスケットキットB。
腰下のガスケットがセットになっています。
ホンダ純正でした。
将来的に自作しやすいように、組込む前にスキャンしておくことにします。

その他のガスケットやオイルシール。
ペーパーガスケットはほとんどがリプロ品です。

キャブのフロートパッキン。
純正部品が入手できました。
現在はリプロパーツを組んでいますが、ガソリンがにじんできてしまいます。
この純正部品への交換で直るとよいのですが。

メーター。
なんと、メーターは新品が入手できました!!
現在のメーターは浸水気味で曇ってしまうので、
メーター修理専門店に修理を依頼しようかと考えていました。
しかし、新品が手頃な価格で購入可能だったので購入してしまいました。
オドメーターが1km回っているのは組立て後に動作確認されたためでしょうか???

過不足のチェック。
注文通りに届いたかチェックします。
OK!

ピストンの箱。
昔のホンダの箱のデザインって、なかなか良い雰囲気です。
捨てずにとっておいてオーナーに渡すことにします。
不要かもしれませんけど。。。

必要な部品が全て入手できたわけではありませんが、
これから組立てをしていきます。
シリンダーやヘッドは外注加工に出しましょう。

Comments