トップ‎ > ‎その他色々‎ > ‎

チェーンにエンジンオイル給油

バイクに乗り始めてからずっと、チェーンには専用のチェーンルブを給油していました。
ですが、頻繁に給油しているのにも関わらず今一つに感じていました。
その理由を挙げてみます。

1 フリクションが大きい、なんだかゴロゴロする
2 徐々にチェーンが固着してくる、部分的な固着でゴロッ、ゴロッと異音が発生することも
3 ホイールやリア周りに飛び散ったチェーンルブが取れにくくて掃除が大変
4 チェーンクリーナーを使った洗浄も必要になってくる
5 チェーンが伸びやすく、スプロケも減りやすい気がする

数年前、Webでチェーンにエンジンオイルを給油する方法を知りました。
それからはもっぱらエンジンオイルを給油しています。
メリットを挙げてみます。

1 フリクションが小さく、手でホイールを空転させてみても軽く回る
2 チェーンが固着しない
3 掃除が簡単、拭き取りで十分
4 ルブのように固まっていかないのでチェーンクリーナー不要
5 チェーンが伸びにくく、スプロケも減りにくい気がする

エンジンオイルの給油方法を紹介してみます。

古いオイル・汚れの拭き取り。
給油前にまずは掃除です。
走行直後だとチェーンもオイルも温まっていて拭き取りやすいです。
給油時もなじみが良いと思います。

給油道具。
普段自宅で使っているのが黄色いオイラーです。
私は100%エンジンオイル派ですが、添加剤などで粘度を上げる人や、
粘り気の強めのチェーンソーオイルを使う人もいるようです。
白い小さいボトルはロングツーリング時の携行用です。
あとは軍手とウエスがあればOKです。

シール部への給油。
オイラーの先端部を溝に入れておき、右手でタイヤを回しながら連続的に給油します。
反対側のシール部も同様に給油します。

ローラー部への給油。
シール部と同様にローラーの端にオイラーの先端部をあてがっておいて給油します。
ローラー部については片側から給油すれば浸透するので、私は片側からしか給油しません。

ポイントは多く給油しすぎないことです。
少なめに、もうちょっと足そうかな位で十分です。
多すぎると飛び散るだけです。

デメリットとしてはさすがに持ちは悪いので、マメに出来る方向けです。
給油頻度は走行距離にして500キロ毎位でしょうか。
特に雨天走行はオイルが簡単に流れ出してしまうので、早めの再給油が必要です。
ただし給油作業は慣れれば5分程度なので、ツーリング帰りにぱぱっと行えば苦になりません。

さて、現在使用しているオイラーですが、ちょっと使い勝手が悪いので
チェーン給油専用のオイラーを作ってみることにします。