トップ‎ > ‎その他色々‎ > ‎

インドネシアバイク事情

2012年に仕事でインドネシアに数回出張しました。
インドネシアの人口は2億4千万人で、中国、インド、アメリカに次いで世界第4位です。
鉄道などはあまり発達していないので、庶民の足はバイクが中心です。
大勢の人々がみんなバイクを購入するので、バイクだらけです。
もちろん自動車も急激に増加していますが、自動車を購入出来る所得層の人はまだ少ないようです。
バイク好きとしては海外のバイク事情は気になるところなので、紹介してみます。

滞在先ホテル近くのショッピングセンターのバイク駐車場。
とにかくバイクの台数が多く、ここの駐車場は2階建てです。

ショッピングセンターの駐車場出口。
ここの駐車場はバイク専用のゲートがあります。
2人乗りが多いですねえ。

首都ジャカルタの路上にて。
奥の方のバイクは一体どうやって出すんだ???

郊外の道路。
舗装されていますが結構荒れています。
脇道に入ると未舗装の道路もあります。よく渋滞するのでバイクは便利です。

カワサキ製の2ストバイク。
インドネシアで一般的なバイクの排気量は150cc位までのようです。
2ストのバイクは販売されているようですが比率は低いです。

ハンドル周り。
インドネシアもヘッドライトは常時点灯のようで、ライトのスイッチはHI/LO切換えだけですね。
「FUEL」のボタンは何に使うんでしょうかねえ?押すとガソリン残量が表示されるとか?

こちらはヤマハ製。

ホンダ製。
マフラー、ホイール、グリップなど結構カスタムされてますな。

こちらもホンダ製。
新しいバイクはキャストホイールが多く、チューブレスタイヤを装着しているようです。
路面状況が悪いので、パンクしても空気が抜けにくいチューブレスタイヤの方が適していそうです。

ヤマハ製。
カスタムしたら楽しそうです。スペックを調べたところ、150ccの空冷単気筒SOHCのようでした。

ヤマハ製。
ヘルメットにはドラえもん!!
なお、バイクも前後にナンバープレートが必要です。

ホンダ製。
機構的には無断変速なので日本のスクーターのようですが
メットインではないようです。

アニメ「NARUTO」のカスタムシート。
日本のアニメの影響力は強いですねえ。

バイク整備店。
ぶら下がっているのは扇風機ではなくてホイールです。
なんだか怪しげな整備が行われてますが大丈夫か???

こちらもバイク整備店。
店というより露店です。コンプレッサーは動力がモーターではなくてエンジンでした。
なるほど、エンジンが動力ならどこでも営業できるし、頻発する停電時も影響無しですね。
エンジンが動力のコンプレッサーは良く見かけました。


パーツ店。
細かいパーツが色々吊り下げられて売っています。

こっちもパーツ屋。
私 「おっ、この店の品揃え豊富だねぇ!(^o^)」
ローカルスタッフ 「この店の商品、盗品だよ。(・_・)」
私 「!!(+o+;)」