トップ‎ > ‎その他色々‎ > ‎

スナップリングの脱着

スナップリングはミッションなどによく使われています。
サービスマニュアルを見ると、組立時は新品に交換すること、と書かれています。
ですが、もっとも重要なのは「拡げすぎないこと」です。

ミッションに使用されているスナップリング。

必要以上に拡げすぎると、変形が戻らず、軸の締め付けが弱くなってしまいます。
すると、ズレたり外れやすくなってしまいます。
たとえ整備時に新品に交換したとしても、必要以上に拡げすぎてしまうと意味がありません。

脱着作業例。
リングは脱着に必要な最低限の大きさまで拡げます。
そしてプライヤーを握った手と反対側の手を添えて、
滑らすようにするとスムースに作業できます。
(写真ではカメラを持つ手が必要なので手は添えていませんが)

もう一つ大事な点は工具です。
脱着に使うプライヤーはしっかりした物を使いたいところです。
板金製で先端部の交換によって穴用と軸用の両方のスナップリングに
使用できるように作られた工具があります。
1,000円未満で購入可能です。
しかし、スナップリングを拡げる力に負けて変形し、非常に使いにくいです。
実は以前使っていた時期もあったのですが、あまりの使いにくさに捨てました。

現在使用しているスナップリングプライヤー。
私はKNIPEX製を主に使っていますが、
一流工具メーカー製ならどのメーカーでも問題ないでしょう。

Comments