ホイール単体でのバランス測定

私の場合、バランス取りの時に貼り付けるウエイトの量を最小にしたいので、
タイヤを組む前にホイール単体でバランスを測定して最も重い位置を見つけ、
それに合わせてタイヤの軽点を合わせて組みます。
これによってウエイトの量を最小に出来ます。
ただしこれは絶対必要な作業ではありませんのでこだわる方だけお好みでどうぞ。

ホイール単体でのバランス測定。
一般的には軽点を最も重いはずのエアバルブの位置に合わせて組むのですが、
実測すると必ずしもエアバルブの位置が重いわけではないのでホイール単体で測定しています。
事実、このホイールではエアバルブと無関係の位置が最も重くなっています。

ホイール単体で最も重い場所へのマーキング。
最も重い場所(最下点)が分かったら小さくマーキングして、
タイヤを組むときにタイヤ軽点をここに合わせて組みます。
毎回変わるはずは無いのでマーカーで小さくペイントしています。
タイヤを組む時はここに軽点を合わせます。

ひと手間増えますが、こだわる方は真似してみて下さい。

Comments