トップ‎ > ‎その他色々‎ > ‎

Are You Windom? 愛車のウインダムについて

2020/8 作成

「Are You Windom?」、「Lexus ES300、日本名ウインダム」
今、40歳以上位の方なら、知っているかもしれません。
私の現在の愛車、トヨタ ウインダムのテレビCMで流れていたキャッチコピーです。

このホームページ「長野二輪」は、その名の通りバイクの記事が中心です。
四輪車についてはあまり書きません。
バイクと比べると自分ではほとんど整備をしませんし、ネタにするほどの事もあまりありません。

しかし今回は私の愛車、トヨタ ウインダムについて書きます。
近いうちに手放すことになりそうなので、記録も兼ねて書いておこうと。
あまり面白くもないので悪しからず。

トヨタ ウインダム 2.5X。
この写真は2002年の購入時なので、きれいな外観です。

購入した理由は、まずそのスタイルが気に入ったこと。
そして大きな車、高級車に乗りたかったこと。
子供の頃、私の家は比較的小型の車を乗り継いでいました。
なので逆に、高級車に乗ってみたいと思ったのでした。
とはいってもウインダムは、クラウンやセルシオほどの高級車ではありません。
中の上か、上の下、といったポジションでしょうか。

就職して間もなくの私には新車を買えるはずもなく、4年落ち、走行31000kmの中古車を2002年に購入しました。
購入時の記録を調べたところ、諸費用、新品スタッドレス付きで154万円でした。
それを毎月25,000円、ボーナス月120,000円の3年弱のローンを組んで支払いました。

当時、日本にはまだレクサスブランドが立ち上げられる前でした。
しかし、ウインダムは北米ではレクサスESとして販売されていました。
冒頭のキャッチコピーは日本で流れていたテレビCMのものです。

北米でレクサスとして売っていただけあり、車の質は良いです。
くさっても鯛ではないですが、22年落ちでも車の良さを今でも感じます。

V型6気筒、2500ccのエンジン。
3000ccもラインナップされていましたが私のウィンダムは2500ccのV型6気筒です。
6発なので低回転のトルクの太さはあまり感じませんが、2500ccなので力はあります。
高速道路でも不満はまったくありません。
ただし、燃費は良くありません。
燃費は一番良い時で11km/L、悪いときだと5km/L、さらにハイオクです。
65リットルの燃料タンクが空に近いときに給油すると1万円越えの時も。

FFであることも長野県に住む私には良い点でした。
積雪時や凍結時、FR車より滑りにくく安定していて安心です。
基本的に長野県は、新潟や富山、北海道ほど雪は降りませんが、気温は低く朝や夜は路面が凍結します。

広い車内。
FFと幅広の車体との組み合わせで車内は広いです。
エンジン音、走行音は静かです。
腰のサポートが十分な良く出来たシートのおかげもあって長距離走行でも快適です。
ただしバブルの頃の流行りの影響か、車体の高さは低く天井高さは低めです。


そんなお気に入りの愛車ですが、さすがに乗り続けるのが難しくなってきました。
年式は20世紀生まれの1998年式、22年落ちです。
1998年は長野オリンピックが開催された年、と言えば古さが直感的に伝わるかと。
原田選手「船木ぃぃぃ~!」

総走行距離は190000キロを越えています。
もっと走っている車に乗っている方もいるでしょう。
勤務先の会社では、プラドで400000キロ!なんて方がいます。
しかし22年の月日は長く、傷み、不具合は多いです。
今の不具合をあげてみます。

キックダウン(アクセルを踏み込んだ時の自動シフトダウン)をしないことがあります。
高速道路の本線に入る時や追い越しで焦ります。
手動操作でのシフトダウンは出来るのですが。
エンジンからのオイル滲みも何カ所かあります。
エンジンの回転は好調ですが。

エアコンは効きが悪く猛暑だとあまり冷えません。
真夏の渋滞の中でほとんど冷えず、家族全員が熱中症になるかと思ったことも。
コンプレッサー周りから異音がします。


ボンネット。
塗装が剥がれてきています。剥がれた所に汚れが溜まって黒ずんでいます。
これには車のことはあまりこだわらない妻もさすがに困惑。

ルーフ。
こちらも塗装が剥がれてきていてボロボロです。

右後ろのフェンダー。
一部が錆びて穴が開いています。
前オーナーのもとで板金された部分がきっかけに錆びたようです。
簡易的に銀色の防錆塗料を塗ってごまかしています。

トランクは雨漏りしています。
特に積雪時がひどく、窪みになっている底の部分が水深5cmになっていることも!

その他色々不具合があります。
ミラーの電動格納が動作しない、ヘッドライトレンズが濁っている、
ETC車載器から音が出ない(動作自体はしてるけど)、CDの読み込みがたまにエラーになる、
純正サブウーファが破れている、ダッシュボードひび割れ、シフトレバーベタベタ。
腐食が原因で1度交換したエキパイ、マフラーですが、再び交換になりそう。

エキパイとマフラーの接続部。
錆びがひどく今にも排気漏れしそうです。

消耗品、定期交換部品も交換時期を迎えます。
夏、冬タイヤとも磨耗してきていて、そろそろ要交換。
200000キロともなればタイミングベルトも2度目の交換が必要です。

愛車、と呼ぶのにふさわしい気に入った車なのですが、さすがに維持は厳しいです。
・・・この記事を少しずつ書いている最中、次の車を買いました。
詳しくは別記事で。