トップ‎ > ‎GPZ1100‎ > ‎

シガーソケット取付け(62000キロ)

年に1回は北海道や九州などへロングツーリングに出かけますが、
私の場合は基本的に宿泊はキャンプ場なので、携帯電話の充電が出来ません。
そこでバイクにシガーソケットを取り付けます。

用意したシガーソケット。ネットで検索、注文しました。アメリカのマリンコという会社の物で
船舶用らしいので腐食されにくいはず。

裏面の説明。

左側インナーカウルに穴を開けて取り付けました。電源供給はキーONで通電するラインから分岐しました。

現在の状態。クラッチ(ブレーキ)マスターシリンダーのリザーバータンクの黒いM4の皿ネジに交換しています。
純正っぽい仕上がりだと思います。


ロングツーリング中はこんな感じで携帯電話やiPodを充電しています。
注意点としては、この位置にシガーソケットを設置するとシガープラグがハンドルが接触する可能性があることです。
私のGPZはバーハンドルにしているのでクリアランスがありますが、それでも長めのシガープラグを挿すとハンドルと干渉気味になります。