栞日

「あれは何の機械だろう?」
カフェのようですが、ガラス越しに真っ黒で大きな機械が見えました。

「栞日」(しおりび)は、リトルプレス(個人発行の小部数の本)を置くカフェです。
場所は松本駅から東へ1km弱、徒歩約10分ほどの場所にあります。

店舗正面。
ガラス越しに黒い機械が見えます。

店内。
これは1Fです。
カフェスペースの脇に、リトルプレスなどが置かれています。

活版印刷機。
ガラス越しに見えた機械の正体はこれでした。
活字(ハンコのような物)を組み合わせてセットし、
そこにインクを塗ってから紙を押し付けて印刷をする機械です。
現在は動いておらず、オブジェになっていますが、メカ的には興味深いです。

活版印刷機の隣に置いてあった手動式の小型印刷機。
「テキン」と呼ばれるそうです。
レンタルして自分で印刷することが出来るそうです。

ギャラリースペース。
ここからは2Fです。
一角は小さなギャラリースペースになっています。

2Fのカフェスペース。
このお店のメインはこちらでしょう。
壁などにリトルプレスがたくさん収められています。
テーブルや椅子がいくつかあり、コーヒーを飲むことができます。

この記事を書いてみたものの、うまく表現できていない気がしてきました。
小さなカフェ好きの方は行ってみて下さい。

Comments