R1-Z(その28・・・ピボット部のカバー磨き)

リアサス周りのオーバーホールのためにスイングアームのピボットシャフトを
抜いているので、ピボット部のカバーを取り外すことができます。
きれいにするチャンスなので外して磨きます。

外したカバー。
アルミ製ですが腐食されて全体にくすんでいます。

研磨後。
ボンスター、小型のバフ、ワコーズのメタルコンパウンドなどを使って磨きました。
ちょっと光沢が出過ぎたかも。

表面の保護。
磨いたままだとすぐに腐食されてしまうので保護します。
本当はウレタンクリアーでも吹いておけば良いのでしょうが、
今回はワコーズのバリアスコートをぬってみました。
どの程度効くかわかりませんが、何もしないよりは良いかな?
腐食されてきたらまた磨きましょう。
Comments