トップ‎ > ‎TL125‎ > ‎

TL125 その13 ワイドステップ取付け

TL125のステップは小さく、長時間乗ると疲れたり足が痛くなったりするようです。
そこで社外品のワイドステップを取付けることになりました。

オーナーより送られてきたワイドステップ。
ピンやスプリングも付属していました。

ステップ拡大。
ノーマルと比較するとかなり大きく感じます。
材質はステンレスのようです。

ノーマルとの比較。
やはりかなり大きいです。

ノーマルステップ。
整備中のため、リアブレーキペダルはありません。

ワイドステップ。
仮組みしてみました。

比較。
gifアニメにしてみました。
ワイドステップの大きさがよく分かります。
これで快適なライディングが実現され・・・、ませんでした。

キックペダルが干渉。
見事に干渉します。
元々キックペダルはノーマルステップとのクリアランスがほとんどないので、
ワイドステップに交換すると完全に干渉してしまいます(汗)。

考えることは皆さん同じで、Webで見つけた対策案は以下の通りでした。

                                   ①そのまま使う。
                                    キックペダルのストロークは小さくなりますが、エンジンをかけられないことはないので
                                    そのまま使う。ただしキック時に当然ペダルとステップが当たるので、ペダルの当たる部分に
                                    ゴムシートを巻いて保護している方もいました。

                                   ②始動時にペダルを引っ掛けて折り畳んで逃がす。
                                    実はイーハトーブではノーマル状態でもキックペダルとステップが干渉するため、
                                    ペダルを引っ掛けて逃がすためのスプリングがついています。(スゴイ設計!)
                                    これを真似るのですが、スプリングの取り付けは簡単ではありません。
                                    また、キックの度に引っ掛けて、また戻す作業が必要なので使い勝手も今一つです。
                                    スプリングに引っ掛けるのではなく、別の簡単な方法で実現出来れば良いのですが。
                                    ちょっと考えてみます。

                                   ③ペダル装着をあきらめる。
                                    これは出来れば避けたいところです・・・。

さて、どうするかオーナーにも相談してみます。
問題なく取付けられると考えていたのですがちょっと甘かった・・・反省。


圧縮ばねと内径14mmのワッシャー。
この部品で対策することにします。

仮組み。
このように組み合わせます。

組み付け完了。
バネのテンションで摩擦を発生させて、
ワイドステップを上げた位置でも保持されるようにしました。

ワイドステップを跳ね上げた状態。
持ち上げると上がった状態で保持されます。
キックペダルが干渉せず、普通に始動できるようになりました。

さらに強い押しばね。
ステップを確実に跳ね上げたままにするために、
強い押しばねに交換して摩擦力をかせぎます。
キックしている最中にステップが戻ってしまったら困るので。

長さ調整。
長すぎるので切断して、座面を整えます。

交換完了。

そのままではキックペダルが干渉してしまいますが、

ワイドステップをつま先でチョイと持ち上げておけば大丈夫。
Comments