トップ‎ > ‎TL125‎ > ‎

TL125 その9-1 スイングアーム取外し

スイングアームピボット部を点検したいので分解します。

リフトアップ。
先日購入したスタンドで持ち上げます。

チェーンの取外し。
クリップ接続なので簡単に取外すことができます。
ノンシールチェーンなので灯油で洗ってしまいましょう。

スプロケットカバーの取外し。
カバーを外さなくてもスイングアームは取外せますが、ついでなので取外して中を点検、清掃します。
ネジが緩まないのでインパクトドライバーを使用しました。
緩まない、なめそう、と思ったらインパクトドライバーを使いましょう。

カバー取外し完了。
ドライブスプロケットは摩耗していますがまだ使えそうです。

ブレーキロッドの取外し。

アクスルシャフト抜き取り。
ナットを緩めます。

抜き取ったアクスルシャフト。
錆びは無く状態は良好です。油分が残っていました。

リアショック取外し。

スイングアームピボットシャフト抜き取り。
ナットを緩めます。

シャフト。
アクスルシャフト同様、錆は無く良い状態でした。

取外したスイングアーム。

リアホイール。
今回はスイングアームの整備が目的ですが、簡単にチェックだけはしておきます。

ブレーキシュー。
極端な摩耗は無く、まだ使えそうです。
カムの動作も問題ありません。

ホイールベアリング。
滑らかに回転します。
まだまだ使えないことはないですが、せっかくの機会なので交換しましょう。

スイングアームピボットのカラー抜き取り。
摩耗、カジリなど無く、状態は良好でした。
過去にグリスニップルからグリスを注入したことがあるようで、
グリスがタップリ入っていました。

タンデムステップ取外し。
チェーンテンショナー、サイドスタンドなども取外します。

スイングアーム単体。
洗ってから組立てます。

Comments