トップ‎ > ‎TL125‎ > ‎

TL125 その9-3 スイングアーム組立て


スイングアームの洗浄。

グリスニップル。
周辺に大量のグリスが固まって残っていました。
やはり過去にここからグリスを注入したことがあるようです。

洗浄完了。

シフトリンクの取外し。
フレーム側も掃除するために、取り外せる物は取外します。
シフトペダルのシャフトはかなりガタが大きくなっていました。
ブレーキペダルのシャフトにはオイルシールが入っていて、グリスを保持できるようになっていたのですが、
こちらはオイルシール無しでした。残念。
どうせなら両方に入れて欲しかったなあ。

ステップ取外し。
割ピンを抜きます。

清掃したフレーム。
灰色に見えるのは汚れではなく、塗装が剥げてきている部分です。

スイングアーム組立て。
取外した部品を取付けていきます。

ピボット部。
しっかり潤滑します。

チェーンスライダー、シールの取付け。
チェーンスライダーの摩耗はわずかだったので再使用です。
シールも劣化などなかったので再使用です。

スイングアーム組立て完了。
タンデムステップやサイドスタンドは後ほど取付けます。

ピボットシャフトナット締め付け。
規定トルクでナットを締めます。

リアショック取付け部潤滑。
摺動部に違いはないのでグリスを薄く塗っておきます。

リアショック取付け完了。
これでスイングアーム周りの整備完了です。

タイヤ交換も含めてリアホイールの整備は次の機会です。
一旦リアホイールを仮組みしてメンテナンススタンドから降ろしました。

Comments