トップ‎ > ‎工具‎ > ‎

チェーン給油専用オイラー製作

こちらで紹介したとおり、私はチェーンにエンジンオイルを注油しています。
市販のL字型のオイラーで給油しているのですが、チェーンのシール部に給油する際に
オイラー先端がズレやすく給油しにくいので、オイラーを改造してみることにします。

準備品。
いつも使用しているのと同型の新品オイラーと金属製のスプレーノズルです。
金属製のスプレーノズルはチェーンルブかキャブクリーナーに付属していたものだったと思います。

スプレーノズルの直径チェック。
オイラーの先端にほぼぴったりと入ります。

チェーンに当てがった状態。
オイラーの先端は太いのでシール部から簡単にズレ落ちてしまいますが、
スプレーノズルは細いのでズレ落ちそうにありません。

スプレーノズル切断その1。
ペンチで切ったら・・・やっぱり断面が潰れてしまったので、、、

スプレーノズル切断その2。
リューターに切断砥石の組み合わせで変形なしで切断できました。

オイラーとスプレーノズルの接着。
本当はロウ付けでもすれば良いのですが、スプレーノズルはSUS製の上に、
オイラー側はすぐに樹脂で熱を加えられないので2液混合のエポキシで接着してみます。

ちなみにエポキシですが、耐油性は高いようです。
昔々、ZXR250でタンクの錆び取りをしたところ穴が開いてしまい、
ガソリンが漏れる様になってしまったので2液混合のエポキシで塞ぎました。
その後、2~3年間はそのまま乗っていましたが漏れることはありませんでした。

完成。
それでは使ってみます。

・・・使ってみた感想ですが、ちょっと失敗でした・・・。
というのはZX-14R純正の江沼製チェーンはシールが薄く溝が狭いこと、
外側のリンクプレートがわずかに小さいことから、ノズルがズレ落ちてしまうのです。

・・・さらに細いタイプをまた作ることにします。