トップ‎ > ‎工具‎ > ‎

マキタ 充電式インパクトレンチ

以前から欲しかったインパクトレンチを購入しました。
インパクトレンチというと、エア式が一般的です。
しかしエアコンプレッサーがないこと、ホースが邪魔にならないことから、
電動の充電式を選択しました。

私の住む長野県では、冬の間はスタッドレスタイヤを履きます。
そのため、春と秋の年2回、必ずタイヤ交換(ホイール脱着)が必要です。
私の場合は自分の車、カミサンの車、実家の車の3台の作業を行います。
インパクトレンチがあれば、楽に作業できます。

バイク整備でもインパクトレンチは重宝します。
回り止めをしないと緩められないボルト・ナットも、
インパクトレンチなら簡単に緩めることができます。
ドライブスプロケットの固定ナットや、フォークボトムのボルトなどです。



購入したインパクトレンチのケース。
マキタ製です。
マキタ製は高性能、高信頼で海外でも人気らしく、
電動工具の世界シェア第2位らしいです。

セット内容。
本体、バッテリー2個、充電器。
マキタはバッテリー式の電動工具のラインナップが充実しています。
このバッテリーで色々な工具が使用できます。
同社のコードレス掃除機にも使えることが購入の決め手にもなりました。

バッテリーセット済みの本体。
モデルナンバーTW285D、最大トルクは260N・m(26.5kgf・m)です。

重量はバッテリー込みで約1.7kgあります。
ちょっと重いですが、握りやすくバランスも良好です。
フックは使わないので取り外します。

やった~、日本製!

打撃力(トルク)切替ボタン。
押すたびに切替わります。
弱(80N・m)
(175N・m)
(260N・m)
(260N・m、逆転オートストップ)。
逆転オートストップ機能は、ボルト・ナットが緩んだら(打撃しなくなったら)、
0.2秒後に自動停止する機能です。
さらに緩める場合は、トリガーを引き直すと打撃しない程度に回転します。
不意にボルト・ナットを落としてしまうことを防ぐ機能で、建設現場では重宝しそうです。

付属バッテリー。
電圧は18V、容量は6Ahです。
ボタンを押すと残容量が確認が出来ます。

充電器。
付属バッテリーの充電時間は約55分です。
充電完了時のメロディーは4種類から選択できます。
基本的にプロユースなので、4種類も要らないような気がします。
設計者のこだわりでしょうか!?

ケースの小物収納。
ケースの上蓋内には小物を収納できるようになっています。
私の場合、持ち出して使うことはまずないので、出番はなさそうです。



動画作成メモ
「充電式インパクトレンチの実力検証」
マキタ TW285D
最大トルク260N・m(26.5kgf・m)

普通車ホイールナット取り外し
ナットは約半年前に110N・mで締付け
ナットは約1年前に締付け(整備工場でトルクレンチ使用、値不明)

大型バイクリアアクスルナット取り外し
2ヶ月前に130N・mで締め付け

Comments