トップ‎ > ‎ツーリング記録‎ > ‎

赤沢自然休養林・木曽町福島(2019/4/29)

私は現在、長野県松本市に住んでいます。
しかし子供の頃、父の仕事の関係で長野県内を中心に何回か引っ越しました。
今回行った木曽町福島には小学校2、3年の時に2年間住んでいました。
また、その時に隣の上松町の赤沢自然休養林(赤沢美林)に家族で観光に出掛けました。
久々に行ってみます。

自宅出発前。
日帰りツーリングなので荷物は少なめ。

桜。
道の駅「木曽ならかわ」にて。
木曽路の春は遅いです。
松本の自宅周辺ではすっかり葉桜ですが、ここではまだ咲いていました。

展示されていた長野冬季五輪のメダル。
もう20年以上経つのか・・・。
そして明日で平成も終わり。

到着。
自宅出発から約2時間、最初の目的地の赤沢自然休養林に到着。
ここでは、復活運転されている森林鉄道に乗ります。
バイクは吊橋近くの指定場所に駐車します。
駐車料金は150円でした。

森林鉄道の乗車券。
切符は、焼印が押された木札です。
粋ですな。
料金は800円。

乗車。
トロッコ列車に乗ります。

走行中。
美しい木々、渓流を横目に、ゴトゴトとゆっくり走ります。

車窓から眺める渓流。
30年以上前と同じで、水は透明で綺麗でした。
ただ当時、森林鉄道は廃止と復活の間の時期で、運行されていませんでしたが。

客車。
ディーゼル機関車が5両の客車を引きます。

ディーゼル機関車の付け換え中。
帰りの運行に備えて、機関車を客車の反対側に回します。
「機回し」と呼ぶそうです。

機関車をバックに記念撮影中の外国人観光客。
他にも何組か外国人観光客が訪れていました。
日本中で外国人観光客が増えていますが、
それほど有名でもない山奥のここまで訪れていることに驚きです。

戻っていく列車。
これに乗ることも出来るのですが、散策しながら歩いて戻ることにします。

留置されていた貨車や客車。
オモチャみたいで面白い。
木製の客車は、朽ちて壊れてきてしまっているのが残念。

連結器。
楕円形のリングに、お互いの車両のピンを差し込むだけ。
シンプルです。

保線のための工具の展示。
森林鉄道記念館に展示されています。
この手動ドリル(ハンドボール)、使ってみたいなあ。

レールを曲げる工具。
車庫の中に立てかけてありました。
「ジンクロ」と呼ぶらしいです。
森林鉄道の曲線のアールは小さいので、これでレールを曲げながら敷設するようです。

アメリカ、ボールドウィン社製蒸気機関車。
かつて使われていた蒸気機関車です。
残念ながら現在は自走できないので展示だけです。

蒸気機関車の銘板。
1929年生まれ、御歳90歳。
レストアされて、再び自走するようになったら素敵ですが、簡単ではないでしょうね。

木材運搬の様子。
かつては、山から切り出した木をこうやって運び出していたそうです。

森林鉄道乗場近くで食べた昼食。
「そば」らしき物、と書いてしまいます。

買った食券を自分でカウンターへ出すので、厨房が丸見えなのですが、
麺は業務用の冷凍品、ツユは一般の市販品でした。
食べてみると、そばの味はほとんどせず、ツユは水で薄めすぎ。
まったく美味しくありません。

さらに、さほどの混雑でもないのに、注文から15分ほど経っても呼ばれませんでした。
問い合わせてみると、調理を忘れられていた様子・・・。
そして、お値段は800円!
食べている途中で、「どこかで美味しいそばを食べ直そう」と思ったのでした。
★☆

ここで昼食を食べることは、二度とないでしょう。
森林鉄道は良かっただけに、まったくもって残念。

「くるまや本店」。
赤沢自然休養林をあとにして、木曽町福島のそば店にやってきました。
この辺りでは有名なそば店で、大勢の方が順番待ちをしています。
「口直しするぞ!」

「崖家(がけや)づくり」の家。
そば屋の待ち時間を潰すため、周辺を少し散策した際に撮影。
崖家づくりは、この辺りの伝統的な家屋で、川にせり出すように建てられています。
木曽谷は狭く、家を建てられる場所に限りがあることから考えられたようです。

地鶏そば、1270円。
普段なら、ざるそばを注文するところですが、肌寒かったので、暖かいそばにしました。
濃厚で美味しかったです。
そば湯とそれを飲むためのツユも付いてきました。
★★★★☆

昔、冬にソリ遊びをした斜面。
記憶を頼りに行ってみました。
おお、確かにこの場所だったぞ。
感激!

ソリ遊びをした斜面から眺める町。
大きな赤い屋根の建物は、私が通っていた小学校。
学校の裏山で栃の実を拾ったっけ。
私が持ち帰った実を見た母は、栗かと思って一瞬だけ喜んだそうです。
栃の実も食べられるそうですが、食べるまでの手間が大変な割りには、
あまり美味しくないとか。

昔住んでいた家の前の小路。
家は、酒屋さんの斜め前辺りでした。
どうやら住んでいた家は建て替えられたようです。
住んでいた当時でさえ古かったので、無理もないか。

木曽福島駅前に展示されている蒸気機関車。
当時、この機関車によく遊びにきていました。
機関車にのったり、駅を発着する列車を眺めたりしていました。
当時は自由にのったりできたのですが、現在は「のらないでください」の表示。
残念。

運転室。
のれないので、地上から腕を伸ばして撮影。
写真のように現在は火室に蓋がされてしまっていますが、
当時はこの中に入った記憶があります。
閉じ込めの恐れとか考えると、今では考えられません。
おおらかな時代でした。

お土産。
木曽の有名な日本酒「七笑」、すんき漬け(赤カブの茎の漬物)、ヒノキの玉。
ヒノキの玉は、お風呂に入れて香りを楽しんだり、オモチャにしたりします。

日帰りの小ツーリングでしたが、子供の頃を懐かしむことが出来た、
楽しいツーリングでした。


Comments