トップ‎ > ‎ツーリング記録‎ > ‎

中国・四国(2017/6/2-5)愛媛~香川~岡山

中国・四国ツーリングの後編です。
前編はこちら

河内晩柑ソフトクリーム。
来島海峡SAにて。
しまなみ海道で瀬戸内海を渡り、四国愛媛に上陸しました。
ソフトクリームばかり食べている気がしますが、きっと気のせいです。

松山市発行の原付ナンバープレート。
松山市は小説「坂の上の雲」の舞台だそうで、
「雲」がデザインされています。

松山城へ向かうリフト。
松山城を観光することにしましょう。
松山市内の小高い山の上にあります。
リフトとロープウェーが平行して運行されています。
待ち時間なしで乗れたリフトに乗車、中腹まで上がります。

松山城内。
フハハ、攻め入ったぞ!

天守閣へ登る階段。
急角度で狭いので昇り降りは要注意です。
しかし、地元松本城ほどではありません。
松本城には、もっと急角度で狭い階段が何箇所かあります。
勝った!(?)

天守閣より。
松山の市街地を一望できます。
松山市って、想像以上に大都市でした。

松山城から下ります。
ロープウェーに乗りたかったのですが、タイミングが合わなかったので、
上りと同じくリフトを利用しました。
リフトもロープウェーも料金は同じです。

テント設営。
今日のお宿、ふたみ潮風ふれあい公園キャンプ場です。
松山市街近郊には適当なキャンプ場がなかったので、隣の伊予市にやってきました。
この日の利用者は私だけでした。
管理人さんに750円を支払って利用。

さわらの塩焼き。
スーパーで購入しました。
「さわら」って珍しいです。
長野県ではあまり流通していません。
焼き網で軽く焼いて温めて食べました。
美味しかった。

瀬戸田レモンのチューハイ。
広島瀬戸田産レモンを使った地域限定プレミアムチューハイだそうです。
ちょっと苦味が強すぎていまひとつ。

メイン?ディッシュ。
豚肉とニラを炒め、塩コショウで味付け、
仕上げに七味唐辛子。
キャンプで食べればシンプルな料理でも美味しいもんです。

今夜も酔いました。
お疲れさまです。
zzz・・・。


マ・マー 早ゆで3分スパゲティ ミニ 1.6mm。
この日も朝食はパスタを茹でました。
記録用として載せておきます。
3分で茹で上がり早くて簡単、ガスも節約できます。
長さが短めなのでキャンプ用のコッヘルでも茹でやすい。

道後温泉。
キャンプ場の伊予市から、再び松山市に戻りました。
松山の観光名所、道後温泉に浸かりましょう。

坊ちゃん列車。
松山には路面電車が走っていて、観光列車として写真の車両も走っています。
ちょうど朝の始業点検中でした。
そうそう、ちゃんと給油して潤滑しないとね。
しかしこの車両、見た目は蒸気機関車ですが、実際はディーゼル車なのが残念。

道後温泉本館。
なかなか趣のある建物ですな。
さあ入りましょう。

券売所。
いろんなコースが選べます。
2階の休憩所が利用できる選べるコース、「神の湯二階席」(840円)にしました。

2階。
おお、なかなか粋ですな。

浴衣付き。
さらに、

湯上りのお茶とお菓子付き。
大変満足でした。

湯上りのジェラート。
また食べてる!

善通寺インター。
松山を後にして、松山道、高松道を経由、
香川の丸亀に移動。

丸亀駅近くの骨付鳥の店「一鶴」。
友人の勧めで訪れました。
知らなかったのですが、骨付鳥は丸亀のご当地グルメだそうです。

骨付鳥。
文字通り、骨付きの鶏モモ肉を焼いたものです。
「おやどり」と「ひなどり」を選べますが、今回は「おやどり」を選択。
美味しかったのですが、ちょっと硬かった。
「ひなどり」の方がやわらかく食べやすいらしいので、次回はそっちにしますよ。
ビールを飲みたいところですが、
まだ移動中なのでノンアルコールビールで我慢。

うどん店「こだわり麺や 宇多津店」。
香川へ来たらうどんも食べるしかありません。
営業時間午前6:30~午後3:00ですって!
香川の人は朝食にうどんを食べるのかっ!?

ぶっかけうどん。
注文したのは「中」だったのですが、これは「大」なのでは?というボリュームでした。
つるつる、コシもしっかり、たいへん美味しかったです。
店は地元の方が行列して混雑していました。
うどん、本当に愛されていますな。
長野県はそばで有名ですが、日常的にそばを食べるわけではありません。
対してうどんは日常生活に根付いているのでした。

高松港。
うどんも食べたので、瀬戸内海の対岸、岡山を目指します。
瀬戸大橋で渡ればあっという間ですが、
それではつまらないので、フェリーで渡ろうと高松港へやってきました。
しかし、岡山県宇野港行きのフェリーが出航した直後なのでした。
次の便まで待つことも考えましたが、待ち時間が長すぎます。
引き返して瀬戸大橋で岡山へ行くことにします。

与島PAから眺める瀬戸大橋。
道路と鉄道の二層構造です。
よくこんなものを作ったものだと感心。

ケーブルの断面サンプル。
瀬戸大橋は吊橋です。
ケーブルで橋げたを吊り下げていますが、これはその断面サンプルです。
防錆目的もあってか、ケーブルの束ごとに断面が塗装されています。
こういう展示見るの大好きです。

うどん。
本日2杯目ですが、せっかくなので食べていきましょう。
ツルツル。

後楽園。
瀬戸大橋を渡り、山陽道に入り、岡山ICで下りて岡山市へやってきました。
岡山出身の同期の友人に、岡山の観光名所を尋ねたところ
やはり後楽園だというので訪れました。

いや~、正直なところ、あまり期待していなかったんですよ。
日本三名園と言われる金沢の兼六園、水戸の偕楽園は訪れたことがあります。
しかし特に水戸の偕楽園は今一つだったので。
しかし、

園内にて。
良かったです。楽しめました。
なんというか、うまく表現できませんが、
ミニチュアを眺めるようで面白かったです。
後楽園 > 兼六園 > 偕楽園 、かな。
水戸の方、スミマセン。

「流店」。
足湯、ではなくて、涼をとるために建物内に水路を引き込んでいるそうです。
粋ですな~。

園内にかかっていた小さな橋。
途中でずらしてかけてあります。
やっぱり粋ですな~。

今夜のお宿、ビジネスホテル「コンフォートホテル岡山」。
今夜もキャンプ、としたいところですが、岡山市街周辺にはキャンプ場がありません。
ナビで探したビジネスホテルに泊まります。
最近は外国人観光客が多く、利用できるか心配でしたが、
日曜の夜だったので空き部屋多数でした。

路面電車。
ホテルで一休みしたので、夕飯も兼ねて飲みに行きます。
ホテル近くの「城下駅」から「岡山駅」まで乗車。
路面電車って、なんとなく西日本に多く残っているような気がします。

居酒屋にて。
手前はさわらのタタキです。
私は呑むために走っているのかもしれません。

居酒屋からの帰り道にて。
さすが、「桃太郎」の地です。
ホテルまでは歩いて戻れる距離でした。
街中の様子も見たかったので歩いて戻りました。

明日は一気に自宅まで帰ります。
それではお休みなさい。


禁酒会館。
ホテルの隣の建物です。
出発前に存在に気が付きました。
なんでも禁酒活動推進のために大正時代に建てられたそうです。
私は無理ですわ、きっと。
医師に言われれば別ですが。
去年2016年の夏、盲腸で手術したあとは医師の指示で1ヶ月禁酒してました。。。

岡山IC。
ここから山陽道にのり、一路自宅に帰ります。

自宅近くのガソリンスタンドにて。
いつも通り、満タンにしてから帰宅です。

買って来たお土産。
家族、実家、姉、職場へ配ります。
以上、中国・四国3泊4日ツーリングの模様でした。
雨に降られることもなく、存分に走れて良いツーリングでした。


今回のツーリングで、47都道府県のうち、46までをバイクで走破しました。
残るは沖縄だけです。
沖縄を自分のバイクで走るのは大変なので、レンタルバイクかな???

Comments