トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

バッテリーキーパー取付け

管理人の住む長野県の冬の寒さは厳しく、真冬には最低気温がマイナス10℃位になります。
それでも昼過ぎの比較的暖かい時間に半月に1回位は乗るようにしていますが、バッテリーが弱りがちです。
そこで長期間接続可能な維持充電器のヤマハ製(ワイズギア)のバッテリーキーパーを取り付けます。
ちなみにこれは前に乗っていたGPZ1100からの移植です。

まずは右側のカバー取外し。赤矢印のボルトを外す。白矢印のボルトは抜いたらゴムカバーをめくっておく。
次に赤丸部の突起・ツメを下側を手前に引く感じで外す。
最後に白線部のカウルが引っ掛かっているので外側へ広げながらカバーを後方へ引き抜く。

バッテリーカバー取外し。赤矢印のボルトを外したら、赤丸部の突起を抜いて外す。

(写真無し)車体へのマイナス接続を外す。バッテリートレイのブラケットを外してトレーを
少し引き出してからバッテリープラス端子への接続を外すとバッテリーが抜き取れます。
(単純にバッテリーキーパーの接続だけなら抜き取る必要はありません)

外したついでに端子の腐食防止のために薄くグリスアップ。

バッテリーキーパーの配線を接続。プラスはバッテリー端子に共締め、
マイナスはフレームのマイナス集合接続部に共締め。

バッテリーキーパーの接続コネクターはGPZ1100の時のようにシート下辺りに出すつもりでしたが、
ZX-14Rはシート下にスペースが無いことと、タンク下へ配線を通すのも大変そうなので
写真の位置に出しました。余った配線はバッテリーの上の隙間に入れてます。

後はカバーなどを戻せば完成。充電器を接続するとこんな感じです。

一旦は完成していたのですが、長すぎて余ったハーネスを押し込んであるのが気に入りません。
元々1メートル以上はあるハーネスを短くします。白線のあたりで切って、ギボシを取り付けなおして短くします。

ギボシ圧着。圧着力不足でコードが抜けてしまうので圧着後に半田を流してます。
個人レベルで使えるちゃんとした圧着ツールがあると良いんですが。
写真のツールはHOZAN製で決して3流品ではないのですがうまく圧着できません。

短くなりました。

結線完了。
前回同様、コネクター配線は太いアース線に矢印部で結束してクラッチカバーの上あたりに出しています。

作業完了。
このコネクターの位置は目立たず汚れにくいのでおすすめです。