トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

ブレーキキャリパー洗浄・フルード交換 2019/8

ブレーキの整備をします。

リアキャリパー取り外し。

取り外したリアキャリパー。
汚れています。
パッドを取り外して、丸洗いします。

フロントブレーキキャリパーの取り外し。
キャリパーを取り外す前に、パッドピンを緩めておいたほうが作業が楽です。
キャリパー取り外し後は、支えがないので緩めるのが大変です。

取り外したフロントキャリパー。
手が届かない裏側は汚れています。

洗浄中。
各パッドを元の位置に復元できるように、それぞれに取り付け場所をケガいてあります。
ちなみに「ケガく」とは、文字や線などを彫り込むことです。
洗浄が終わったパッドなど。
磨耗状態などを点検します。

フロントブレーキパッド(ZCOO)の残厚点検。
残厚は2~2.5mmでした。
新品時の厚さは4mmで、それから約20,000kmを走行しました。
つまり私の使用状態だと、概ね10,000km走行すると1mm磨耗する計算です。
あまりギリギリまで使ってもいけませんが、少なくともあと5,000km程度は使えそうです。

リアブレーキパッド(純正)の残厚点検。
こちらも残厚は2mm程度でした。
新品時の厚さは記録していないのですが、こちらも少なくとも5,000km程度は使えそうです。
ピストンの潤滑。
丸洗いしたキャリパーのピストンは、メタルラバーで潤滑しておきます。

整備の終わったフロントブレーキキャリパー。

新しいブレーキフルードへの交換。
キャリパー整備後、ブレーキフルードを交換します。
使用しているのは、ブレンボのLCF600プラスです。
レース向けフルードで、レバー・ペダルタッチが、かっちりします。
写真は新しいブレーキフルードへの交換後ですが、随分茶色っぽいです。
2年前購入・開封済みのフルードなので、劣化が進んでしまっているのかもしれません。
ただし、このフルード、新品開封直後でも黄色っぽいので、判断しづらいところです。

変形してしまったリザーバータンクのダイヤフラム。
フロントは、ブレンボ製RCSマスターシリンダーへの変更に合わせ、
同社製のリザーバータンクに変更しています。
変更後、約6年経過ですが、ダイヤフラムが変形してしまっていました。
フルードにアタックされて、膨潤(膨張・変形)してしまったようです。
後日取り寄せて交換することにします。

整備の終わったフロントブレーキ。
キレイになりました。

 
整備の失敗事例紹介。
整備後、フロントホイールを空転させてみると、「カタカタ」と異音がします。
確認してみると、パッドスプリングがセット位置がずれていて、
ブレーキディスク端面に接触していました(左写真)。
本来は、パッドの端の突起部を押さえなければいけません(右写真、組み直し後)。
失敗でした、反省。

ちなみに水滴が付着しているのは、整備後に軽く水で流しているためです。
付着しまった(かもしれない)フルードを流すため、整備後は水で流しています。
整備完了後は、ブレーキレバーのタッチが改善されました。


フロントブレーキのリザーバータンクを交換します。
本来交換が必要なのは、変形してしまったダイヤフラムだけです。
単品での部品設定もされています。
しかし、ダイヤフラムだけの交換と、タンク丸ごと交換の費用がほぼ同じことが分かりました。
そこで、タンク丸ごと交換することにしました。

取り寄せたリザーバータンク。
ブレンボ製のS30、今まで装着の物と同じです。
送料込みで1,587円でした。

タンクの取り外し準備。
今回交換するのはタンクだけで、ホースは交換しません。
そこで、専用工具でホース途中をクランプしておいて、フルードの流出を防ぎます。

カラーの移植。
元々装着のタンクの取り付け穴には、パイプを輪切りにして作ったカラーを挿入していました。
これを移植します。
カラー無しでも取り付けは出来るのですが、相手は樹脂です。
ボルトナットで締め付けていると、徐々に変形してガタが出てきてしまいます。

新しいダイヤフラム。

新旧の色比較。
新品は透明感がありますが、使っていた物にはありません。
経年変化したのか、それとも使用樹脂を変更したんでしょうか?

Comments