トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

フラップ製作取付

ZX-14Rには、リアのインナーフェンダーがありません。
そのため、リアタイヤから飛散する汚れが、リアショックユニットに付着してしまいます。
私は、高価な社外ショックに交換しているわけではありませんが、やはり汚れは気になります。
ダンピング調整ネジなどは、汚れで固着してしまうと、調整出来なくなってしまいます。

対策としては、社外品のインナーフェンダーを購入して取り付ける方法があります。
しかし、インナーフェンダーは15,000~30,000円程度します。
ドレスアップにもなるのかもしれませんが、目的を考えるとそこまでお金を出す気にはなれません。
そこで、ゴムシートでフラップを自作して、取り付けてみることにしました。

汚れの付着したリアショックユニット、スイングアーム。
リアホイールを外した時に撮影した写真です。
汚れは腐食の原因にもなるので、日常的に清潔にしておきたいですが、
手が届きにくく掃除しにくい場所です。

フラップ製作の材料に購入してきたゴムシート。
近くの金物店で購入しました。
厚さ3mm、幅300mm、長さ1000mmです。
1000mmの長さは不要ですが、ちょうど良いサイズが無かった上に、
価格も980円と安かったので購入しました。
ゴムの種類は不明ですが、今回の目的では気にしなくて良いでしょう。

採寸・取付前にお掃除。
スイングアーム上部には、塗装が剥げてしまっている部分があります。
絶えず小石や砂がぶつかる場所なので仕方ないですね。

寸法確認用の紙の切り出し。
採寸を行い、構想は固まりました。
しかし、いきなりゴムシートを切り出すと失敗しそうです。
そこで念の為に紙で確認してみることにしました。

車体に貼り付けて確認。
大きめに作ってみました。
外寸は幅200mm、長さ約300mmです。

横からも確認。
収まりも良く、問題なさそうです。

ゴムシート切り抜き。
紙を使った寸法確認で問題が無かったので、ゴムシートを切り抜きます。
隅になる場所は、穴あけパンチで打ち抜きます。
隅をカッターで切り抜くと、切れ目が残ってしまい、そこから裂けてきてしまいます。

両面テープ貼り付け。
3Mの超強力両面テープを使用しました。
当初は車体側に穴を開け、ウェルナットを埋め込み、ネジで固定するつもりでした。
しかし、ゴムシート製のフラップはそれほど重くありません。
そこでまずは、簡単な両面テープでの固定を試してみます。
剥がれて脱落するようなら次の手を考えます。

固定完了。
長さは350mmと長めです。
長すぎて問題なら切って短縮すれば良いだけなので、
紙の試作品よりもさらに長くしてみました。

斜め後方から。
リアショックユニットは完全に隠れます。

チェーンとのクリアランス。
10mm以上あるので問題なさそうです。

車体下部の状態。
問題なさそうです。
しばらく走ってから効果を確認しましょう。


数百キロ走行後の状態。
リアタイヤからの汚れの飛散は、完璧にブロックされています。
両面テープが剥がれる気配もありません。
上出来です!

センタースタンド先端との干渉。
フラップ先端がわずかに干渉しているのに気が付きました。
ただし実害はほとんどないのでそのままでも良さそうです。
これだけ長くしてあると、センタースタンドへの汚れ付着も防げます。

フラップが揺れるとタイヤとも干渉します。
実際に擦れた痕跡もありましたが、こちらも実害はありません。

https://sites.google.com/a/naganonirin.com/temp/home/zx-14r/flap/flap_l.jpg
製作図面(クリックで拡大)。
置いときますので、同じように製作する方は参考にしてみて下さい。
あくまで自己責任でお願いします。

私が取り付けた物は長さ350mmで製作しましたが、
図面では300mmにしてあります。
300mmならセンタースタンド先端とは干渉しません。

リアショックユニットとスイングアーム上面をカバーするだけなら、
長さ200mmでも良いと思います。
長さはお好みで良いでしょう。

Comments