トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

フロントフォーク シール交換(組立て) 2019/12-2020/1

分解、部品洗浄・点検が終わったので、組立てを行います。
今回は標準のセッティングとなるよう、標準指定粘度のオイルを入れ、標準指定の油面に合わせます。

カートリッジユニット固定ボルト。
銅ワッシャーは新品に交換し、ネジ部には緩み止めを塗ります。

カートリッジユニットの固定。
インナーチューブにカートリッジユニットを挿入し、ボルトで固定します。
カートリッジユニットの供回りを防ぐため、スプリングとカラーも入れ、
下から押し上げながらボルトを締めます。

アウターチューブへのシール組み込み。
ワッシャーを入れた後、オイルシールを組み込みます。
シールは刻印のある側を外側に向けます。
古いオイルシールを重ね、アウターチューブ全体を持ち、平らな面に押し付けると簡単に押し込むことができます。

スナップリング組み込み。
錆びは無かったので再利用です。

ダストシールの組み込み。
手で押し込みます。

トッププラグのOリング交換。
Oリングは再使用できそうでしたが、新品を用意していたので交換しておきます。
交換前のOリングには弾力があり、亀裂など傷みもありませんでした。

用意した新品のフォークオイル。
カワサキ指定の純正フォークオイル、KHL15-10です。
フォークを分解した場合は、片側1本あたり548ml必要です。
つまり、1台分2本のフォークだと約1.1リットル必要です。
1リットル入りの1缶では少しばかり足りません。
残念、惜しい。

油面調整。
標準値は94mm、オイルレベルゲージでオイルを吸って合わせます。
新品オイル注入後、カートリッジユニットのロッドを上下させ、エア抜きをしてから合わせます。
自作のオイルレベルゲージを使用していますが、スポイトでも作業できます。
カートリッジユニットのロッドには、引き上げるために結束バンドを縛りつけてあります。

ピストンロッドのナットの位置調整。
サービスマニュアル指示通りに合わせます。
写真は、測定中というわけではないのでご注意。

スプリングの挿入。
向きに注意します。
細くなっている側が上(カラーに接する側)です。

トッププラグ取付前の確認。
こちらもサービスマニュアルの指示通り、ダンピングアジャスタの位置を測定・調整しておきます。

スプリングコンプレッサーへのセット。
分解時と逆の手順で作業します。
ロッド内側にパイプも入れます。

トッププラグの固定。

組立て完了。
・・・自作のフロントフォークスタンド、安定感という点ではいま一つです。
フォーク先端が滑り、斜めになってしまいます。
次にフォークを分解する機会には、改良版を作ってみようかな。

トッププラグの本締め。
フォークを車体へ戻してから本締めします。
ハンドルなども復元して完了です。


整備完了後、10kmほど走行後の状態。
(当たり前ですが、)オイル漏れは解消しました。
インナーチューブにわずかにオイルが付着していますが、これは組立て時にシールに塗ったオイルです。

ちなみに私の場合、インナーチューブはマメに掃除して、ごく薄くオイルを塗るようにしています。
錆を防ぎ、動作をスムースにするためです。
特にインナーチューブの裏側、ブレーキディスクに近い辺りは汚れやすく、
放置しておくと錆が発生して傷んできてしまいます。
マメに清掃し、油分を与えておくのがおすすめです。

シール・オイル交換前後の変化については、あまり分かりませんでした。
気持ち、フォークの動きが落ち着いたかな?、という感じです。
このHPに顛末を書いていますが、実は片方のフォークの作業が終わった後、突然入院してしまいました。
もう片方の作業が終わって試乗するまで、1ヶ月半乗らなかったため、作業前の状態と比較しにくいのでした。

Comments