トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

ジムカーナ練習会参加 2021/9


 土曜日の夕方、携帯が鳴った。電話をかけてきたのはご近所のバイク乗りの方である。
 「明日何か予定ある?」
 「特にはないですけど、どこか行きます?」
 「ジムカーナの練習に行かない?」
 「!」
 自宅から30分ほど離れた朝日村に「あさひプライムスキー場」というスキー場がある。その駐車場でジムカーナの練習会をやるらしい。参加料を負担すれば基本的に誰でも参加できるとか。
 ジムカーナは前から一度は走ってみたいと思っていたので参加したい。しかし問題はバイクである。参加すれば転倒するかもしれない。低速での転倒とはいえカウルが割れたり、マフラーが凹んだり傷つくだろう。
 ZX-14Rで参加するか。しかし新車購入後9年、一度もこかしておらず大きな傷を付けずに済んでいるので転倒は避けたい。ましてやメガスポーツで車重は300kg近く、ハンドル位置も低めでジムカーナには全く不向きである。
 もう1台の所有バイクのR1-Zはどうだろうか。軽く取り回しが良いのでZX-14Rより良さそうだ。2ストなので煙たがられないと良いのだけれど。参加に必要なプロテクターはお借りしてR1-Zで参加することにした。

 日曜の朝。R1-Zで出発すべく、カバーを外してタイヤの空気圧チェックまではした。しかしR1-Zで出発するのにはためらいがあった。
 なぜかというとタイヤが古いからである。確か交換したのは随分前だったような。製造年を確認してみると前後共に2013年だった。実に8年前である。表面を触ってみてもだいぶ硬化している。
 多分これで参加したら簡単に転ぶだろう。今年1月に続いてまた転倒するのは避けたい。サイレンサーをすりおろしたりしたら、交換したくても程度の良いものはない。
 悩んだ末、ZX-14Rで行ってみることにした。ツーリングタイヤとはいえタイヤは先月交換したばかりで不安はない。絶対転ばないぞと決意をしつつ自宅を後にした。

練習会会場。
 この日の参加者は合計4名。9時に集合してまずはご挨拶。練習会事務局の方「えっ、このバイク(ZX-14R)で走るんですかっ!?」
 かくして人生初のジムカーナ練習会が始まったのでした。まずは参加者で協力してパイロンを並べます。3面の駐車場それぞれにコースを作りました。

8の字旋回練習。
 まずは初級者向けの8の字旋回を練習です。写真の走行中車両は練習会事務局の方のトリッカー。クルンクルンと周回されていました。上手。
 一方で重くて大きい私のZX-14Rにとって小回りは苦手。小さく鋭く回るのは大変です。1400ccのエンジンのトルクは強大でスロットルワークにも神経を使います。聞いたところジムカーナでは速度調整には半クラッチはあまり使わず、リアブレーキを主に使うらしい。そこでリアブレーキを使いまくっていたらベーパーロックしてしまい、ペダルのタッチがなくなってしまいました。しばらく休憩して冷ましてから練習を続けます。

練習中。
 転ぶ!と思って足をつくこと数回、冷や汗もかきながら走ります。他の参加者のようにクルンクルンと速くは走れないので、ブオーン、ブオーンとゆっくり走ります。
 8の字旋回のこの練習ではスタートして8の字を5周描いて戻ってゴールです。タイムを計ってもらったところベストタイムは41秒を切るくらい。早い方は30秒台前半なので私はとてもゆっくりです。
 いざタイムを計るとなると力が入ってしまって調子が狂います。心理状態がライディングに表れます。たかが8の字、されど8の字。難しい。けれど楽しい!

悪戦苦闘しながらコーナリング中。
 こちらは別の駐車場に作られたコース走行中の様子。パイロンを倒すこと数回。内側を走りすぎてZX-14Rの巨大な棍棒マフラーを当ててしまいました。
 重く大きなZX-14RにとってタイトなS字コーナーは向き変えがとてもツライです。「ドッコイショ!」と切り返します。

こちらはまた別のコース。 
 4つの赤いパイロンを指定された順序で回るのですが、ジムカーナ初体験の私にはコースを覚えるのも大変でほとんど走りませんでした。
 どうも私、コースを覚えたり何周回ったかを数えるのが苦手なようです。8の字は5周してゴールするのですが、走っているうちに何周回ったか分からなくなってきます。そういえばゴルフでも何打目だったか分からなくなってしまうことがあったっけ。何かをしながら数を数えるのが苦手らしい。

 練習の様子をYouTubeにアップしてみました。お暇な方はどーぞ見てみて下さいませ。他の参加者から「滑らかにうまく走れてますね~」なんて言われましたが違うのです。重いので滑らかに走っているように見えるだけです。

ZX-14Rでジムカーナ練習会に参加


 初体験のジムカーナ、とても楽しかったです。また参加したい。
って、また参加するなら走らせるバイクを考えなければいけません。今回は幸いZX-14Rを転倒させずに1日走りきることができました。しかしこのまま参加を続ければいつかはズサッーとやってしまうでしょう。そうなるとR1-Zの出番ですがもはや旧車、修理のことを考えると転倒は避けたい。1台専用に用意すれば良いかも!?

今回私が参加させていただいたのはこちらの練習会です。事務局の方、大変ありがとうございました。感謝です。
長野モトジムカーナ練習会 https://naganogymkhana.com/