トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

インプレ


「ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ!」
1988年制作のアニメ映画「AKIRA」の冒頭で金田が鉄雄に言うセリフです。
映画の舞台は2019年、金田のバイクは12000回転で200馬力を発生、という設定になっています。

時は流れて2012年、量産市販車で200馬力の出力を実現したのがこのZX-14Rです。
1988年の時点では200馬力は夢の出力だったようですが、技術の進歩って凄いですね。
調べてみたところカワサキの場合、1988年当時に最大出力の市販車はZX-10の137馬力でした。
ちなみにこの映画の中では2020年に東京オリンピックが行われる設定になっています。
まるで未来を予想していますね。


2012年式ZX-14Rを2012年10月に新車で購入しました。
今まで中古車ばかり乗ってきましたが、バイク人生初の新車購入です。
購入が既に2013年モデルの予約が始まるような時期だったため
ブライトからの取り寄せが出来ず、他府県のショップから取り寄せてもらいました。
取り寄せ費用、ETCなども合わせて総額180万円!でした。

あらかじめ実車を確認せずに購入手続きを進めたため、納車日に初めてまたがることになりました。
まずはまたがってスタンドをはらって引き起こし。意外に軽い!重心が低いように感じます。
あくまでそれまで乗っていた水冷GPZ1100との比較ですが。

次にポジションですが、ちょっと前傾がきつく感じます。ステップ位置も高く感じます。
昔乗っていたレプリカのZXR400をちょっと思い出しました。
まあ今まで乗っていたのがアップハン仕様に改造したGPZ1100なのでそう感じるのも無理も無いですね。
納車3ヶ月ほど経過した時点では慣れてきてきつさは感じていません。

足つきはあまり良くはないです。身長170センチの管理人ですが、ライディングブーツを履いた状態だと
両つま先は接地しますが、かかとは3センチほど浮きます。もう少し足つきが良いと安心です。

走り出した感覚ですが、全てが軽く感じます。エンジンのツキ、クラッチ、ハンドリングなど
知らされなければ1400CCとは気付かないような感じです。
低速トルクは十分ですが、図太い感じまではしないです。

※後に知ったのですが、セカンダリーバルブというものが備わっていて、
低~中回転域で吸気制限をしているようで、これを外すと1400CC本来のトルクになるようです

最大出力200馬力ですが、待ち乗りレベルでも乗りやすいです。
「ピーキーすぎて無理!」ということはありません。
高回転まで使えばそりゃあもう怒涛の加速をしますが、意外にもスムースでどっかん加速ではないです。

以下は各部のインプレです。

エンジン◎
200馬力!不満なわけがない!
ただ、たまに2速から3速へのシフトをミスることがある。まだあたりがついてないだけ?
→ と、思っていたら初回のオイル交換以降劇的に改善しミスることはなくなりました。
工場出荷時のオイルとの相性が悪かったのか???

3段階のトラクションコントロールですが、3は使いにくいです。
コーナーの立ち上がりで大きめにアクセルを開けると効きすぎてしまい、
一気に失速します。最初は何が起こったのがわからず焦りました。
なので、通常は2にセットしています。

ハンドリング〇
安定志向。悪く言えば曲がらない。(低重心のせいか)意外にUターンはしやすいです。
だたハンドルをいっぱいに切ると手首がタンクカバーに挟まりぎみなのが残念。

ブレーキ◎
(意外にも)十分。2本掛けで十分な制動力が得られるし、コントロール性も良いです。
買ったらマスターとキャリパーをブレンボに取り替えようと思ってましたが今のところノーマルで満足しています。

ウインドプロテクション△
これは不十分。スタイリング重視のためなのかスクリーンが低く小さく効果が弱いです。
特にGPZと比較すると幅が小さいせいか肩に風圧を強く感じます。
社外品の高さのあるものに交換しようと思いますが、幅だけは改善しようがないですな・・・。

クラッチ◎
ラジアルクラッチマスターシリンダーのせいか重くないし半クラも出しやすいです。

収納×
これはダメ。シート下にほとんどスペースがありません。わずかに空いているスペースも
ETCで埋まってしまいます。購入後早速トップケースを取り付けました。

ライト◎
明るい。十分です。

その他
アジア一般仕様なのでセンタースタンド付きです。
私は頻繁にチェーン給油をしたり、タイヤ交換を自前で行うので重宝します。

ハンドルの固定にSUSボルトが使われていてちょっと複雑な気分。
錆びにくいですがかじりやすくあまり好きではないので。




キーON時の動画を撮ってみました。
派手ですな。