トップ‎ > ‎ZX-14R‎ > ‎

トップケース取付

ZX-14Rは全くと言っていいほど収納がありません。
早速トップケースを取り付けます。カワサキ純正品です。

下からトップケース、トップケースカバー、トップケース取り付けブラケット。
キャンペーンの5万円クーポンが化けました。

取り付けブラケット。重いですがその分がっちりしていて安心感は高いです。
説明書と照らし合わせてボルト類の不足が無いかあらかじめ確認します。

取り付け開始。
グラブバーを外したらテールカウルを取外します。
一番後ろの部分はネジを外したらまっすぐ後ろへ引き抜きます。

テールカウル取外し完了。

ブラケット取付け。
普段はあまり出番の無い13mmのレンチが必要。リレーボックス(ECU?)とツールボックスは
一旦外しておかないとナットにアクセス出来ません。

ブラケットの上にキャリアを取付けてシートカウルを復元。

ここで使う付属のナット。
フランジと反対側をつぶしてあってゆるみ止めになっています。
こんなナットは初めて見ました。ヨーロッパでは一般的なのか?

小さな問題。
ヒューズボックスがブラケットに隠れて開けられません。
ヒューズ切れの際には車載工具から六角レンチを取り出し、次に六角レンチでツールボックスを外さないと
ヒューズボックスを開けられません(ツールボックスと一体になっている)。
まあ普通に乗っている分には滅多にヒューズ切れしないはずですが。

ボックス開梱。
カバーが取り付けられていないので、

カバーを取り付けます。
タッピングビス2本で固定するだけです。
「Kawasaki」ロゴがちょっと安っぽいです。

ボックスのベースを取り付けてボックスを取り付ければ完成。格好はあまり良くないですが便利です。
問題はたとえボックスを外していてもステーの分で全長が長くなっているため
今までのバイクカバーでは完全におおえなくなってしまったこと。買い換えるしかないか。

高い位置から撮影。
どことなくこのトップケース、シェル型のMacみたいだ。。。

ボックスを外した状態でのベース部の出っ張り具合。
お問い合わせがありましたので測定してみました。テールカウル先端からは14~15cmほど出っ張ります。