トップ‎ > ‎

R1-Z・・・レストア日記?

R1-Zの特徴、右2本出しのチャンバーサイレンサー。
これぞR1-Z、って感じでお気に入りです。
ちなみに見た目はカーボンですが、カーボンは表面に薄く貼ってあるだけ、実際の中身はスティール製なのです。

放置不動車再生位の軽い気持ちで整備を始めたR1-Zですが、
生産から20年以上の年月によるダメージは大きく、ほとんどレストアというレベルになってしまいました。
ヤマハは生産終了車両の部品供給は良いのですが、それなりに値上がりしているので懐が痛いです。
キャリパーのシール、エンジンの各種シール、インマニ等々、ゴム系部品はほとんど総とっかえです。
R1-Zに限った話では無いですが、これから2ストバイクを購入される方はそれなりに覚悟が必要です。

以下は整備作業の記録です。
対象車両を購入し、整備作業を開始したのは2013年11月からです。
なので、今から数年前からの記録であることをご理解下さい。
作業当時は販売されていた新品部品が販売終了になっていたり、価格が値上げされていたりします。








































R1-Z(その39・・・ステッカーを複製する)
※都合により記事掲載見合わせ中