トランジスタ式ミニワッターPart2製作

2020年2月、ぺるけ氏設計のトランジスタ式小型オーディオアンプ、
「トランジスタ式ミニワッターPart2」を作ってみました。

製作のきっかけは、使用していたアンプ内蔵PCスピーカーの不調でした。
購入から10年以上が経過し、左右の音量ズレが悪化してきたのです。
買い換えか修理も考えたのですが、以前から市販品ではない自作オーディオアンプの音を聴いてみたかったので、
自作することにしました。

自作するとは言っても、自分で一から回路設計が出来るわけではありません。
Webで探したところ目に留まったのがぺるけ氏設計のアンプでした。
回路は片チャンネルあたりトランジスタ4個だけを使用するシンプルなものです。

製作してみたところ、その音はとても良いものでした。
オーディオは素人なので適切な表現ができませんが、澄んでいて、細密、忠実、と言ったところでしょうか。
製作作業も楽しめ、作って良かったと思うのでした。

一旦完成のアンプ。
奥は同時に製作したDAコンバーターです。
暫定で100均ショップで買ったタッパーに収めてみました。
「ミニタッパー」、ですな。
いずれはDAコンバーターとまとめて金属ケースに組み込みます。

https://sites.google.com/a/naganonirin.com/temp/home/etc/audio/mini_watter2/mini_tapper2_l.jpg
全体写真(クリックで拡大)。
一部妙な配線の引き回しがあるのは、スパークキラーの取り付け待ちのためです。

拡大。
ぺるけ氏の作例からは少しアレンジしています。
ラグ板を12Pから15Pに変更し、部品配置に余裕を確保。
入手困難な一部トランジスターの変更。
スイッチ付きボリュームを使って、独立した電源スイッチは無しに。
パイロットランプへの青色LED使用と電流制限抵抗の変更。
コンデンサの一部仕様変更。
配線が目視できるように、渡り配線は表側に引き回し。
出力段。
ダイオードをトランジスタに接着してあります。
トランジスタの温度上昇をダイオードに拾わせるのが目的で、「熱結合」と呼ぶそうです。

アンプと組み合わせて使用しているDAコンバーター。
USBでパソコンと接続、デジタル信号をアナログオーディオ信号へ変換してアンプへ送ります。
電子工作業界では有名な秋月電子通商製のキットに、ぺるけ氏設計のCRフィルタを追加した物です。

組み合わせて使用しているスピーカー。
老舗スピーカーメーカー、フォステクスのキットです。
エンクロージャーボックスに、好みのスピーカーユニットをネジ固定するだけで完成します。
ボックスは10cm口径スピーカーユニット用のP1000-E、スピーカーユニットはFF105WKです。
使用開始当初の音質は硬く感じらました。
しかし、2週間程使ってエージングが進んだ結果、柔らかな心地良い音になってきました。


さすがにケースが100均タッパーのままでは、見栄えが良くありません。
シールドもないわけで、ボリュームに手を近づけるだけでノイズを拾い、
スピーカーからノイズ音が出ます。
DAコンバーターとまとめて、金属ケースに収納しましょう。

自分なりにアレンジした場所などの写真を載せますが、こまかい突っ込みはご勘弁を。
私はオーディオ機器自作は素人ですので。

正面から。
ケースはぺるけ氏の作例でも使用されているタカチのHEN110420Sです。
シンプルな外観が気に入っています。
上面の穴は、放熱のために出力段トランジスターの真上に開けています。
穴は底面の四隅にも設け、空気が流れるようにしてみました。

背面。
端子類は左右対称にレイアウトしてみました。

https://sites.google.com/a/naganonirin.com/temp/home/etc/audio/mini_watter2/mw2_metalcase_l.jpg
内部(クリックで拡大)。

DAコンバーター部。
レイアウト的に苦しくなってしまったので、後付のCRフィルタはユニバーサル基板上に作り直し、
DAコンバーター基板の上に重ねました。

ボリューム部。
配線はボリュームの端子に直付けです。
スイッチ付きボリュームなので、電源ラインも結線しています(黄色線)。
ボリュームツマミはちょっと奮発して高級なものを購入しました。
その名も「高級ツマミ23mm」、825円也。
ケースとマッチしたデザインで良いです。

東信工業の音響用電解コンデンサー、UTSJシリーズ。
通常品から交換してみました。
交換した理由の半分は、音が良くなるかも?という期待です。
そしてもう半分は、地元長野県の企業の製品だから、という理由です。
音の違いは・・・分からないようです、私には。

配線止め。
車のDIY電気部品を販売しているエーモン製の「配線止め金具ミニ」です。
小型で安価(10個で200円弱)なので使ってみました。
ちょうど良く収まりました。

パイロットランプ。
青色LEDをボリューム軸の真下、ツマミで隠れる場所に取り付けました。
ここに取り付けた理由は、

ボリュームツマミを裏から照らしたかったから。
このアイデア、昔どこかで見たような気がします。
それを真似してみました。

天板奥の放熱穴も光っているのは、DAコンバーターキットの基板上の青色LEDが点灯しているためです。
なかなか高輝度で、外にまで光が漏れてきます。
目障りになってきたら、LEDに黒テープでも貼って遮光しましょう。

金属ケースに入れ、アースもきちんと接続したので、
タッパーに入れていた時に発生していたノイズは完全に消えました。
ボリュームを触っても、スピーカーからはノイズの音は聞こえません。

これで一旦完成です。
一旦、としているのは、部品を色々変えて自分好みの音にしていく、という楽しみ方があるためです。
ただ、私の耳では微妙な変化は聴き取れないようなので、色々部品を変えても意味がないかも。


Part2に続き、Part5も製作してみました。

Comments